私たちが作るのは「芸術品」ではなく「商品」

私たちは「アーティスト」ではなく「デザイナー」

CONCEPT


私たちが作るのは「芸術品」ではなく「商品」

私たちは「アーティスト」ではなく「デザイナー」

デザインはマーケティングツールのひとつであり

その目的は「販売促進」

「いいものをよりよく伝える」のが私たちの仕事。

場合にもよるが、ただ美しいものを作ればいいわけではなく
いかに広告効果が得られるか、もちろんそこに美しさは必要。

デザイン制作をするにあたって考えるのは
まずそのクライアント、そしてそのクライアントの顧客。

クライアントは何を求めているのか?

その求めているものには必ずその顧客が関わっている。

クライアントの顧客のニーズを把握し

そのニーズに応えて初めて、クライアントの求めるものが作れる。

それが「販促効果」に直結する。

販促効果、納期、それを達成することによる信用、

それが、私たちの「商品」である。