楽≠楽しい

 
「楽」と「楽しい」
漢字は同じでも相反するものである。

 
IMG_5455
 
こんにちは!子鹿社長(代表の浅野沙織)です。
 
あ、子鹿というのは師匠である前代表HAYATO氏に
つけていただいたあだ名です。
 
由来はまた今度お話します(笑)
 
 
私は、高校時代、吹奏楽部に所属していて
部活をするために学校に行っていたと言っても
過言じゃないくらい部活が大好きで
 
大きな大会や、演奏会のために
毎日夜遅くまで部活に明け暮れていました。
 
当時、苦楽を共にした同期メンバー、
先輩や後輩には、今でも仲良くしてもらっています。
 
 
高校を卒業して、この先こんなに楽しいことって
もうないんだろうな、と思っていました。
 
 
ひとつの目標に向かって、みんなで
力を合わせて突き進むこと。
 
もちろんつらいこともあるし
投げ出したくなる時もあるんですけど
何かひとつの目標を達成した時の
喜びって、本当に大きいものです。
 
 
社会に出ると、そんなことは
まずないだろうな、と思っていました。
 
 
でも、今、高校の時の部活より
何倍も何十倍も楽しい日々を送れています。
 
 
もちろん
 
つらいこと、しんどいこと、投げ出したくなることは
本当にたくさんあります。
 
これは部活の比じゃないです。
 
 
でも、そういうことを乗り越えた先に
本当に楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことが
待っています。
 
それは、しんどさやつらさがないと
味わえないものだと思います。
 
 
そして、その繰り返しの中で
人は成長していくものだと思います。
 
 
私は、そうやってこれからも
楽しい人生を送っていきたいです。
 
 
 
「楽」な人生を望んでいる人や
「一般的」「多勢派」であることを望んでいる人も
もちろんいらっしゃるでしょうし
 
それを否定するつもりは全くありません。
 
人は人、私は私です。
 
 
「若いのに社長なんてすごいね」
と言ってくれる方もいらっしゃいますが
そんなことは全然ないんです。
 
ただ全体から見ると少数派なだけであって
少数派だからすごい、偉い、というわけでも
「レベル」が違うわけでもありません。
 
 
ただ、それが私の生きている「ステージ」
だと思っています。
 
その「ステージ」の中でいうと
私のレベルなんて底辺です。
 
 
 
私の生きるステージでは
「楽」という言葉はないと思います。
 
例えば、何もしなくても
毎月何千万円、何億円の収入を得られる
キャッシュポイントを作れたとします。
 
それだけの収入があれば
「楽」に生きることは可能だと思います。
 
でも私は、その道は選ばずに
それを資金に何か新しいことに
チャレンジすると思います。
 
 
死ぬまで成長、死ぬまでチャレンジ
 
きっと自分の生きるステージの中での
レベルがどれだけ上がったとしても
満足することはないです。
 
もちろん、そこまでレベルを上げた
自分を認めることは必要ですが
そこでとどまろうとは思いません。
 
 
チャレンジすることに苦労は付き物で
 
でも、それがあるからこそ
次へ進むことが出来て
 
もっと楽しいこと、面白いことに
たどり着けると思います。
 
 
人生1度きり。
 
面白くない人生、つまらない人生になんて
絶対したくありません。
 
満足するのは、死ぬ瞬間だけ、
その瞬間に満足ができるような人生を
自分の手で作ります。
 
そして、死ぬ時に
「がんばったよ!」と胸をはって
天国にいる愛犬に逢いにいくことが
私の人生の最終目標です。
 
そのために、今できることを
精一杯頑張ります。

 
 
《徳島 デザイン事務所》mass information
 
徳島県徳島市西新浜町2丁目1-45
TEL:088-635-2250
MAIL:info@mass-information.com
Facebook:https://www.facebook.com/massinformationitl/
WEB SITE:http://mass-information.com/